夏音芽

ARTICLE PAGE

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12 2014

オビツボディの黄変を直す


ルルナのオビツボディの手足だけ何故か盛大に黄変してしまったので、ワイドハイターEXを使って漂白してみました。

sgfrw.jpg

ワイドハイターEXにつけ込んで日光に当てることで、プラスチックの黄変が漂白されるらしいです。
詳しい原理は分かりません。とりあえずお試しで腕パーツのみを漬け込んでみました。


ftsg.jpg



少しでも日光に当たるよう、透明なプラ容器に入れてラップで蓋をし、4時間ほど漬け込みました。

この時容器にガラス瓶を使用すると内部でガスが発生して膨張した時などにひびが入る可能性があるので、プラスチックなどの柔らかくて伸縮性がある容器が良いそうです。


ewaf.jpg


ワイドハイターEXに漬け込んでいない足パーツと比較。

心なしか白くなったような気がしますがほとんど変わりません。
やはり4時間程度では全然足りなかったようです。


再度ワイドハイターEXにつけこみ、今度は容器の下にアルミホイルを敷いてさらに光が当たるように。


そのまま3日ほど放置していました。



gsafe.jpg


左から

3日間ワイドハイターEXにつけ込んだ黄変腕パーツ

何もしていない黄変足パーツ

黄変していない足パーツ


もともと左と真ん中のパーツは同じ位黄変していたのですが、明確に違いが出ています。
しっかりと漂白されたようです。

これは効果があると思い、残りの足パーツも全てワイドハイターEXにつけこんで日光に当てて放置しました。

雨が降ったり存在自体忘れたりでなんだかんだ10日ほど放置してました。



その結果がこちら。

fc2blog_201411120026138c9_2014111201422407c.jpg


左が10日ほどワイドハイターEXにつけ込んだ黄変足パーツ。

右が黄変していない足パーツ。

ほぼ違いが分からない位にまで漂白されました。

漬け込み前と比較すると、より効果のほどがわかります。

sgfrw.jpg


黄変してしまったパーツを、ただワイドハイターEXに漬け込んで窓際に放置するだけという手軽さで白くできるのでおすすめです。
あくまで自己責任でですが。


この分だとヘッドパーツの黄変や、金色っぽくなってしまった銀髪ウィッグなどにも効果が望めそうな気がします。

が、何せ長時間漬け込むので、メイクや書き目にどんな影響が出るのか怖くてちょっと試せません。

誰か試したら是非レポートして下さい。



- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。